お見合いパーティーなどの婚活イベントにおいては必ずプロフィールカードというものが渡されます。

お見合いパーティーでは絶対プロフィール(自己紹介)カードが渡されます。

  • お見合いパーティーなどの婚活イベントにおいては絶対プロフィールカードが手渡されます。参加者が各自前もって記載しておくのですが、それが、話の話題作りの材料になるのです。ですから、他の参加者と似たようなことをうっかり書いてしまうと、印象に残らないばかりか他の誰かと間違われる可能性すらあります。以前、私が男性からあとで称賛されたことがあって、得意料理が他の方と被ることなく珍しいものだったということがありました。「肉じゃが」「ハンバーグ」「グラタン」といったものはとても印象には良いですがそういった料理は、他の女性とよく被ります。私はいつも「チンジャオロースー」「麻婆豆腐」「チャプチェ」といった、普段から食事を作っている人しか作らないような、わずかにですが高度な料理名を記入していました。もし、料理を作ることが得意なことを売り込みたいならば、本来の得意な料理よりも、どう印象づけるかもしっかり考えてからより印象付けられるものを記載した方が良い方法です。
  • 私が初めて結婚活動で行われるパーティーに参加した・・

  • 初めて結婚活動目的のパーティーに出席した時、大失敗となりました。婚活を始めたばかりで結婚活動目的で開催されるパーティーの雰囲気などもわからず、一緒に婚活パーティーに参加する予定の友達とも当日の洋服の打ち合わせなしで何も考えないで出席したのです。会場に入って周りを見回してみると、会場内にいる女性はみんな、スカートやワンピース、パンツスタイルでも女性らしい雰囲気です。その点、私の格好はというとカズレーザーみたいな真っ赤なトップスに真っ赤なパンツです。そして、アウターには黒いライダーズジャケット、足下には黒いロングブーツという場違いもいいところなファッションで参加です。予想するまでもなく、そんな私は会場で浮きまくり誰にも一切声をかけてもらえず椅子に座ったまま何もしないままパーティーは終了しました。今でも、思い出すと赤面するぐらい恥ずかしいですし、正直、人生でこんなにはずかしい経験はほとんどしたことがないです。この失敗に凝りたので、結婚活動が目的のパーティーに参加する際は、服装の打ち合わせを友達とするようにしました。