これまで婚活についてほとんど知識のなかった私は婚活をするうえ…

婚活についてあまり知識のなかった私の場合、結婚活動の成功確率を上げるため・・

婚活についてほとんど知識のなかった私の場合、結婚活動をするうえで、テレビの情報を参考にしていますが、テレビに登場する婚活実践者さんたちを見ていると、がんばろう、という気持ちになります。そのようなこともあり、自分自身もイベントや婚活でするパーティーにも参加したいと強く願うようになっていったのです。またそういったテレビでは婚活のテクニックも頻繁に紹介されていました。そういったことの知識の乏しい自分にとっては本当に勉強になりましたし、番組を通して、「自分を過剰によく見せないこと」が大切であると学びました。つまり自分を飾ることなくさらけ出すことで相手から信用できる人物であると思われるのです。今後の婚活では、この教訓をもとに、婚活に取り組んでみようと思います。

「結婚したいなら、男の胃袋をつかめ」と格言のように言われていて、聞いたことのある人たくさんいるとは思いますが…

「結婚願望があるなら、男の胃袋をつかめ」というのは定説です。そして、現実、これは本当のことです。なぜかというと、結婚をすれば、一緒に暮らすことになります。そうなると、当然のことながら、食事は毎日のことになるので、料理が好きで家事が苦にならない女性が望まれるからです。ただし、「あなたの得意料理は何ですか?」と相手に質問されたときに、パスタ・カレーライスと返答するのはその後の印象を悪くするので要注意です。男性というのはパスタではお腹が膨らみません。それから、カレーライスについては時間は掛かりますが、手抜きっぽく感じられるので、ルウもオリジナル、ぐらいでないと得意な料理ですとアピールされても男性受けはあまり良くありません。「あなたはどういった料理が得意ですか?」と相手に聞かれた場合、お勧めしたい料理は「親子丼」です。気取った料理でもありませんし、家庭的な雰囲気がありながら、食欲をそそる見た目に仕上げるのは難しく、料理上手な女性である、と思ってもらうことができますし男性からのリアクションも良いので、実際に作る練習をして自信をつけたら、婚活でアピールしてみましょう。