いつもの私は、とても明るい性格で、ハキハキした受け答えをします。

普段は明るいですし、誰と会話しても意思をハッキリ伝えるのが好きです。

普段はとても明るいほうで、相手が誰であっても意思をハッキリ伝えます。婚活目的で開催されるパーティーでは、遠慮がちな物静かな女の子になりきってみたかったけど、どうもしっくり来なかったです。やってて普段の自分とは違うからか自分で自分を恥ずかしいと思うこともありました。とは言うものの、ある結婚活動目的のイベントに出席した際は、おとなしい女性を最後まで演じることができたんです。周りに私を知る人がいないという安心感もあって、勇気を出して、「聞き上手」な控えめな女性に徹してみました。いつもの私は、けっこう話すようにしていましたが、パーティーのはじめから終わりまでわたしから話す事をしないで、相手の話をニコニコしつつ聞いているだけ、という至ってシンプルな態度を取りました。本当のわたしと全く違う態度が良い結果を出すことにつながりました。

男性と会うのが婚活パーティーと違いお見合いは衣装代も必要です。

男性と会うのが結婚活動でやっているパーティーと異なりお見合いの場合は衣装のお金もいります。なぜかと言えば、お見合いの場所は高級ホテルのラウンジとか喫茶店などで行われることが多く、いいかげんな装いではお出かけすることができないためです。それとは逆に会う所が婚活でやっているイベントの場合だと、カジュアルであってもデニムやスウェットとかも女の人っぽく下品にならなければ問題ないですが、やはりホテルに顔を出すとなると、ドレスコードのある場合もありますしそういった訳にはいかないのです。安く見えないワンピースとか上品なスカート、それに合わせて靴に関してもヒールを履きますし、そのうえ華やかさを彩るアイテムであるアクセサリーも欠かすことができません。カバンにおいても小さめのハンドバッグ、とか、普段カジュアル派の女の人ならクローゼットにないものばかりで困ります。お金をお見合いの際のお茶代は男性が持ってくれますが、女性はある程度衣装代の経費については記憶しておく必要があるでしょう。